経営理念

地盤ネット総合研究所は、
地震から世界中の人々を守ります。

近年、 2011年の東日本太平洋沖地震、2014年広島の土砂災害、2015年の豪雨災害、そして2016年の熊本地震、毎年のように大地震・地盤災害による甚大な被害が各地で発生し、その度に心痛ましい光景を目にしております。

我が国において「国土強靭化」が叫ばれている昨今の社会的情勢にあって、災害に対して被害を受けやすい戸建て住宅において多くの被害、被災者がでている中で、「自然には勝てない」という免責の考えで放置して良いのでしょうか。

いや、不動産会社、建築会社ではなく、改良工事を請け負わない中立的な地盤会社だからこそできることが必ずあり、それを実行しなければならないと考えます。

「地震から世界中の人々を守る」

地盤を正しく知ることで、地震の被害も最小限に抑えられます。
安心・安全な土地やリスクを知った住まい方、対応策があります。

地盤総研は、この理念をもとに蓄積された地盤情報のビッグデータや知見を最大限活かして、地震・地盤リスクについて正しく国民に伝え、すべての人々が安心して生活できる住環境を構築することをその使命と致します。